Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関の業務情報や職員情報など約3万4000件を保存したPCが盗難 - ホギメディカル

医療関連事業を手がけるホギメディカルは、関係医療機関の手術データ3万1798件、および職員データ2860件が保存された業務用ノートPCが盗難に遭ったと発表した。

同社によれば、7月21日8時ごろ、従業員が移動中に立ち寄ったコンビニエンスストアの駐車場で車上荒らしに遭い、助手席に置いていたパソコンが持ち去られたという。

被害に遭ったパソコンには、2006年4月から2010年6月までの、取引先医療機関における手術実績データ3万1798件が保存されていた。患者のIDや手術時間、麻酔時間などで、患者の氏名や住所は含まれていないという。

このほか、2006年4月から2007年5月までの医療機関の職員2860人の氏名、性別、職種、および購入物品データ3万5605件も含まれる。

同社では被害届を提出。不正利用なども確認されていないという。関係する医療機関に対し説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2010/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報記載の資料が車上荒らしで盗難 - 大和ハウスグループ会社