Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BINDに「RRSIGレコード」の処理に不具合 - DoS攻撃を受ける可能性

日本レジストリサービスは、「BIND 9.7.1」「同9.7.1-P1」に脆弱性が含まれており、DNSSEC運用時にDoS攻撃を受ける可能性があるとして注意を呼びかけている。

DNSSECにおいて署名情報を格納する「RRSIGレコード」の処理に不具合が見つかったもの。対象バージョンのnamedをキャッシュDNSサーバとして動作させ、トラストアンカーを設定してDNSSECによる名前検証機能を有効にした場合、実装上の不具合によりRRSIGレコードの検索要求が無限ループする結果、権威DNSサーバに対するDoS攻撃が成立するという。

「同9.7.1-P2」へアップデートすることで脆弱性を解消することが可能で、ルートゾーンのトラストアンカーを設定する前にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース