Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「hi-ho」の一部サイトで「Gumblar亜種」感染のおそれ

大手インターネットサービスプロバイダのハイホーが運営する一部ウェブサイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

第三者による改ざんが発生したのは、2010年7月に開設したウェブサイト「hi-hoタウン」。同社によれば、7月14日未明の3時40分過ぎから同日15時20分ごろにかけて改ざんされた状態となり、期間中に閲覧した場合、「Gumblar亜種」であるウイルス「Pegel」に感染するおそれがあったという。

修復作業は完了しており、同サイトでは個人情報を保存しておらず漏洩のおそれなどもないと同社では説明している。また利用者に対して、最新のウイルス対策ソフトなどを用いて感染の有無を確認するよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン