Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、第三者調整機関として世界で2組織目となるCVE採番機関に

CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)を運営する米MITREは、JPCERTコーディネーションセンターを採番機関「CVE Numbering Authority(CNA)」に6月23日付けで認定した。第三者調整機関として米CERT/CCに次ぐ2組織目。

CVEは脆弱性ごとに採番され、脆弱性情報の識別、管理に利用されている一意の番号。今回のCNA認定により一定の番号が予約され、今後はJPCERT/CCが独自にCVE番号を付与することができる。

JPCERT/CCでは、情報処理推進機構と脆弱性情報を提供する「JVN」を運営しており、従来は国内で報告を受けた脆弱性情報を配信する際、CVE番号を取得するために同社へ採番依頼を行う必要があった。

(Security NEXT - 2010/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス