Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、第三者調整機関として世界で2組織目となるCVE採番機関に

CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)を運営する米MITREは、JPCERTコーディネーションセンターを採番機関「CVE Numbering Authority(CNA)」に6月23日付けで認定した。第三者調整機関として米CERT/CCに次ぐ2組織目。

CVEは脆弱性ごとに採番され、脆弱性情報の識別、管理に利用されている一意の番号。今回のCNA認定により一定の番号が予約され、今後はJPCERT/CCが独自にCVE番号を付与することができる。

JPCERT/CCでは、情報処理推進機構と脆弱性情報を提供する「JVN」を運営しており、従来は国内で報告を受けた脆弱性情報を配信する際、CVE番号を取得するために同社へ採番依頼を行う必要があった。

(Security NEXT - 2010/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消