Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策ソフト「InfoCage」シリーズにファイル保護ソフトを追加 - NEC

NECは、セキュリティ対策ソフト「InfoCage」シリーズの新製品で機密情報保護を実現するソフト「InfoCage FileShell」を発表した。7月30日より出荷を開始する。

同製品は、権限のある利用者のみファイル操作を可能とするファイル保護ソフト。ファイルの閲覧や編集、印刷を行う際、認証サーバで本人認証を実施し、アクセス権限を持たない利用者による不正利用を防止する。

また、同社のファイル制御技術とマイクロソフトの暗号化、認証技術「RMS」の融合により、Office製品だけでなく、PDFやCADなどで作成されたファイルにも対応。ファイル保護ルールはサーバで一元管理され、社外にある文書にも自動適用される。価格は100ユーザーで441万円から。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性