Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類を入れ違えて郵送、顧客情報を流出 - UR都市機構

UR都市機構は、顧客情報記載の書類2件を職員が入れ違えてそのまま郵送するミスがあったことを公表した。

誤送付されたのは「敷金及び家賃等精算書」で、顧客の氏名、旧住所、家賃額、敷金額、修理負担額、返還額などが記載されていた。5月21日、住宅管理センターの職員が2人分の書類を送付する際、取り違えて封入しそのまま郵送したという。

24日に書類を受け取った顧客から連絡があり、問題が判明した。同機構では対象となる2人を直接訪問して説明と謝罪を行い、書類の回収を行ったている。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市