Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告が大幅減少、ブランド悪用被害は拡大

フィッシング対策協議会は、5月に発生したフィッシングの届け出件数を取りまとめた。

フィッシングの届け出は、4月の53件から大幅に減少して12件となり、2009年9月ぶりの低水準となった。フィッシングサイトに利用されたURLの件数についても急増した4月の131件から一転減少し、29件に落ち着いている。

一方でブランド名を悪用された企業は、6件から増加して22件へと上昇。同協議会によれば、侵入されたサイトへ複数のフィッシングサイトが設置されたケースもあったという。

(Security NEXT - 2010/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も