Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤ってユーザーへメルマガ配信用アドレスを案内 - たのみこむ

ウェッジホールディングス子会社のエンジンが運営するショッピングサイト「たのみこむ」において、誤ってユーザーへメールマガジン配信用アドレスを案内し、返信したユーザーの個人情報が流出する事故が発生した。

不具合が生じたのは、5月21日15時ごろに送信したメールマガジンユーザー向けの案内メール。メールサーバの受信容量が超過している登録ユーザーへ再登録を促すメールの自動で送信したが、メール内にメールマガジンの一斉配信用アドレスが記載されていたという。

そのため、メールを受信したユーザーが配信用アドレスに返信したことから、メルマガ登録ユーザー6人のメールが、数回にわたってほかの登録ユーザーに一斉配信された。メールには差出人の名前やアドレスが含まれる。原因は、サーバ移行作業を行った同社やサーバ運用委託会社の設定ミスとしている。

同社では、対象となるユーザーに対して個別に説明を行うなど対応を実施。セキュリティ対策を強化したあらたなメルマガ配信プログラムを使用するなど再発防止策を実施したと説明している。

(Security NEXT - 2010/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

設定ミスで患者情報をメールで誤送信 - 都内クリニック
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
小売電気事業者の顧客情報を誤って別事業者へ通知 - 九電
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大
顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
誤送信防止システムの設定ミスでメールアドレスが流出 - 堺市