Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウド対応したエンドポイント最新版 - 悪意あるJavaScriptの検出も強化

ソフォスは、クラウド技術を活用したエンドポイント向けセキュリティ対策製品の最新版「Sophos Endpoint Security and Data Protection 9.5」を6月14日より提供開始する。

同製品は、ウイルスやスパイウェア対策、検疫ネットワーク、ファイアウォール、リムーバブルディスクやソフトウェアの制限、暗号化機能などを備えたエンドポイント向けのセキュリティスイート。暗号化機能などを備えていない廉価版「Sophos Endpoint Security and Control 9.5」も用意している。

最新版では、リアルタイムに同社ラボのデータベースを参照し、マルウェア配布サイトのURLを判別してアクセスを遮断する「Live Web Protection」を搭載。「Internet Explorer」や「Firefox」をはじめ、「Chrome」「Safari」「Opera」など主要ブラウザに対応する。

また「Live Malware Protection」により、不審ファイルを検知した際、インターネット経由でチェックを行うことが可能。あらたに発見した脅威をデータベースへ反映、データを共有することでより迅速な対応を目指した。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化