Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの更新状況を監視して通知する「改竄チェッカー」

リンクとエーティーワークスは、共同で提供しているホスティングサービス「at+link」において、サイトの改ざん被害を定期的にチェックして通知する「改竄チェッカー」を提供開始した。

同サービスでは、サイトの更新状況を定期的にチェックし、サイト内のファイルが追加、削除された際に通知メールがサイト管理者に送信。通知メールの送信間隔は最短10分まで設定できる。

管理者はブラウザ上の管理画面で更新履歴を確認することで改ざんの有無を確認することが可能。管理画面には20ユーザーまで登録可能なため、サイト管理者が複数の場合でも運用できる。

初期費用は1万500円、月額利用料は1ドメインあたり7350円。2ドメイン以上で運用する場合の追加料金は1ドメインあたり月額1500円。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK