Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士火災や富士生命の顧客リストが外部流出 - 金銭要求の投書で判明

富士火災海上保険や富士生命保険の顧客情報が外部へ流出し、金銭を要求する投書が送りつけられていたことがわかった。

同社によれば、4月30日に匿名の投書が寄せられたもので、同社が調べたところ富士火災宮崎支店の従業員が顧客リストを紛失していることが判明したという。投書の内容は「顧客リスト」の対価として金銭を求める内容で、同社では警察へ被害を届けた。

問題のリストには、個人や法人など富士火災の顧客322件や、富士生命の顧客32件の個人情報が記載されており、氏名や住所、電話番号、契約内容などが含まれる。

同社では関連する顧客に対して事情の説明を行っており、不正使用などは確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2010/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
メールサーバへの不正アクセス、原因わからず - 優良住宅ローン
融資関連など顧客情報3.7万件が流出、金銭要求する脅迫メールも - 優良住宅ローン