Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書留やゆうパックの預かり票が所在不明 - 神戸の郵便局

日本郵便は、神戸中央郵便局において過去に扱った預かり票の一部が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、所在不明になっているのは、2023年4月に取り扱った郵便物の預かり票。6月10日に同局において書類の保管状況を確認したところ、所在不明であることが判明した。

書留、特定記録、代金引換、配達時間帯指定郵便物を預かった際の郵便局控え7758件をはじめ、ゆうパック預かり時の郵便局控え1001件、国際郵便物、国際小包、EMSを預かった際の郵便局控え234件などが対象となる。

こらら帳票には、届け先や依頼主の氏名、住所、電話番号、問い合わせ番号などが記載されていた。同問題に関連する問い合わせや、不正な要求などは確認されていないという。

同社は対象となる顧客を特定することが難しく、個別に通知は行わないと説明。ウェブサイトで公表するとともに謝罪した。

(Security NEXT - 2024/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開