Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信によるアドレス流出が発生 - 山本寛斎事務所

山本寛斎事務所において、メール送信ミスによる顧客のアドレス流出事故が、5月6日に発生していたことがわかった。

同社によれば、5月6日11時8分に送信した顧客宛ての告知メールにおいて、すべてのアドレスが表示されるという誤送信事故が発生。同社では、対象となる顧客に謝罪のメールを送信した。

その後、同じ日の13時49分に送信した告知メールにおいても、操作ミスによる顧客情報の流出が発生。メールの件名に、顧客1人の氏名とアドレスを誤って表記したまま、206人に送信したという。

同社では、謝罪とともに誤送信メールの削除を依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院