Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が生活保護受給者のリストを保護費の封筒へ誤封入 - 大阪市

大阪市は、生活保護費を受給者1人に同市受給者100人分の個人情報が記載された書類を誤って渡していたことを明らかにした。

生活保護費の現金封入作業を委託しているSMBCデリバリーサービスにおいて、封入作業中に誤って書類を1人の封筒に混入したもので、生活保護受給者100人の氏名および支給額が記載されていた。4月30日に保健福祉センターに保護費を受け取りに来た男性から申し出があり、問題が判明したという。

同市では、対象となる受給者に対して謝罪する書面を送付するとともに、委託業者に対し再発防止に向けた指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
個人情報が流出、元旦に脅迫メール - リラクゼーション店
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村