Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングメール減少するものの、誘導先URLは大幅増加

フィッシング対策協議会は、4月のフィッシング報告件数を取りまとめた。フィッシングサイトで用いられるURLが急増している。

フィッシングメールは、2月から3月にかけて71件とピークを迎えていたが、18件減少して53件となった。ただし、依然として高い水準で推移している。

メールの減少に反して大きな増加を見せたのが、フィッシングサイトで利用されるURL。前月の46件から85件と急増しており131件に達した。悪用されたブランド数に大きな変化はなく、1件増加して6件で、クレジットカードブランドが悪用が目立ったという。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Uber Eats」の注文受付メールを装うフィッシングに注意
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
不正購入などと不安煽る「LINE Pay」のフィッシング - メディア記事の無断転載も
「利用環境の確認」などと騙すフィッシング攻撃に注意
決済サービス「Paidy」を装うフィッシング攻撃に注意
今度は「朝日生命」、生保契約者狙うフィッシングに注意
ヤマダ通販サイトを装うフィッシング攻撃に注意
「個人情報の再確認を」とだます「アフラック」を装ったフィッシング攻撃
「住友生命」の契約者狙うフィッシング - 出金手続き行えるポータルを標的に
「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生