Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングメール減少するものの、誘導先URLは大幅増加

フィッシング対策協議会は、4月のフィッシング報告件数を取りまとめた。フィッシングサイトで用いられるURLが急増している。

フィッシングメールは、2月から3月にかけて71件とピークを迎えていたが、18件減少して53件となった。ただし、依然として高い水準で推移している。

メールの減少に反して大きな増加を見せたのが、フィッシングサイトで利用されるURL。前月の46件から85件と急増しており131件に達した。悪用されたブランド数に大きな変化はなく、1件増加して6件で、クレジットカードブランドが悪用が目立ったという。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中