Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティソフト関連の脅威が目立つ - MSの2009年下半期レポート

世界的なマルウェアの傾向を見ると、ダウンロード型およびドロッパー型を除くトロイの木馬全般が最大の脅威となった。

検出されたマルウェアのトップ10では、1位はワーム「Win32/Taterf」だったが、2位の「Win32/Renos」と4位の「Win32/Alureon」は偽セキュリティソフトをダウンロードするマルウェアで、3位は偽セキュリティソフト「Win32/FakeXPA」が占めるなど、詐欺ソフトによる脅威が上位を席巻している。

マルウェアが駆除されたコンピュータの台数を見ると、1位は前回調査と変わらず米国だった。2位の中国、3位のブラジルは二桁の増加を見せたが、これは同社が昨年9月にリリースした無償のセキュリティ対策ツール「Security Essentials」を多数のユーザーが導入したためと同社では分析している。

OSごとの感染率を見ると、「Windows 7」および「Windows Vista SP 2」の感染率がもっとも低かった。また「Windows XP SP3」の感染率は、「SP2」の半数以下、「SP1」の3分の1以下だという。

「Vista」も同様に、各サービスパックは以前のサービスパックより低い結果となった。サーバに関して、「Windows Server 2008 SP2」の感染率は、「Windows Server 2008 RTM」より20%低くなった。

(Security NEXT - 2010/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加