Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティソフト関連の脅威が目立つ - MSの2009年下半期レポート

マイクロソフトは、2009年下半期のセキュリティに関する状況を取りまとめた「セキュリティインテリジェンスレポート第8版」を発表した。

同レポートは、同社製品のユーザーなど世界5億台以上のシステムおよびオンラインサービスからデータを収集し、分析したもの。

業界全体において公開された脆弱性は、同年上半期より8.4ポイント減少し、2006年以降の減少傾向を維持している。深刻度「低」の脆弱性は全体の3.5%で、深刻度「中」および「高」がほぼ同数で大半を占めている。

アプリケーションの脆弱性は件数は減少しているものの、依然として多数を占めている。OSとブラウザの脆弱性は横ばいで、全体に占める割合はわずか。同社製品の脆弱性は127件で、同年上半期の113件から増加している。

(Security NEXT - 2010/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正