Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「W32.Qakbot」の活動実態が明らかに - カード情報など1週間あたり2GBを収集

米Symantecは、ボットネットを構築し、感染したPCの内部データをFTPにより外部へ送信する「W32.Qakbot」の活動実態を報告した。

同社が、データのアップロードに利用されていた2カ所のFTPサーバに対するアクセス状況を分析したところ、コンピュータ情報をはじめ、オンラインバンキングやクレジットカード情報、SNSサイトやウェブメールのアカウント情報、検索履歴など、2週間で約4Gバイトのデータを収集していたことがわかったという。

さらにこれらへ個人から収集されたデータに限らず、企業や政府機関のコンピュータのデータも含まれていることが判明。ブラジルの地方公共団体のネットワークで100台以上のコンピュータが感染していたほか、英国でも国民健康組織ネットワークが被害に遭っていることを確認した。

今回の調査では、対象期間やFTPサーバが限定的だったため、さらに被害が拡大している可能性があると同社では指摘。またダウンローダーの機能を備えていることから、感染しながらも対策を講じていない企業へ、さらなる攻撃がしかけられる可能性があると注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に