Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要ブラウザのフィッシング検知機能に一定の効果

さらにセキュアブレインが用意したデータでは、「IE 7」「同8」「Firefox,」「Safari」がそれぞれ、50.3%、51%、40%、49.7%と4割から5割強だった。

同協議会では、有効検知率の観点から大差はなく、一定の効果を期待できるとした。一方で今回調査が5日日にわたり実施したが、調査開始初日に検知率が低くなる傾向があり、ブラックリストへのデータ反映など、即時性について改善していく余地があると総括している。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
5月のフィッシング報告、前月比34.6%増 - 過去3番目の規模に
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増