Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む照会文書を紛失、金融庁からの連絡で判明 - 大阪市

大阪市阿倍野区において、個人情報6件が記載された照会文書が所在不明になっていることがわかった。

所在不明になっているのは、金融庁が同区役所に送付した照会文書。同庁が、貸金業務取扱主任者の登録の拒否事項に該当しないかに関して、本籍地の市区町村に照会するもので、対象者6人の氏名、本籍、生年月日が記載されていた。

金融庁から回答が届いていないとの連絡を受け、調査を行った結果、2月18日に受理したのち所在がわからなくなっていることが判明したという。

庁舎内を捜索したが発見できず、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。同区では、対象者に説明と謝罪を行うなど個別対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
2店舗で印鑑届や融資関係書類が所在不明 - 三島信金
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用