Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む照会文書を紛失、金融庁からの連絡で判明 - 大阪市

大阪市阿倍野区において、個人情報6件が記載された照会文書が所在不明になっていることがわかった。

所在不明になっているのは、金融庁が同区役所に送付した照会文書。同庁が、貸金業務取扱主任者の登録の拒否事項に該当しないかに関して、本籍地の市区町村に照会するもので、対象者6人の氏名、本籍、生年月日が記載されていた。

金融庁から回答が届いていないとの連絡を受け、調査を行った結果、2月18日に受理したのち所在がわからなくなっていることが判明したという。

庁舎内を捜索したが発見できず、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。同区では、対象者に説明と謝罪を行うなど個別対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生