Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPadが無料で手に入る」という宣伝文句に注意

4月3日に米国で発売された米Appleの新型情報端末「iPad」の人気に便乗した詐欺メールが急増している。

米McAfeeによると、そのなかで目立っているのは、「iPadが無料で手に入る」として関心を引こうとするメール。発送先の住所を聞き出し、さらに無料で手に入れるには別の商品の購入が必要などとしてクレジットカード情報を詐取するという。

同社では、今回見つかったケースは詐欺であることを見分けることは比較的容易としながらも、「iPad」の一般化と同時にこうした詐欺が増加すると指摘。「出来すぎた話」に注意するよう警告を発している。

(Security NEXT - 2010/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
Apple、「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」をリリース
Apple、「iOS 13.3.1」をリリース - 脆弱性23件を修正
iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用
「iOS 13.2」「同12.4.3」など最新OS公開 - 修正内容は今後公開予定
Apple、「iOS 13.1.2」をリリース - 2週間弱で3度の更新