Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、リスク管理製品へエージェントレスのマルウェア検出機能を追加

マカフィーは、リスク管理アプライアンス「McAfee Vulnerability Manager」のマルウェア検出機能を強化した。

同製品は、ワールドワイドで配置した端末より脅威データを収集するなどクラウド技術を活用したリスク管理アプライアンス。脆弱性の深刻度などからリスクを自動的に判断し、優先順位などを設定したり、プロセスやガイドラインなど構築できる。

今回の機能強化により、エージェントレスのマルウェア検出機能を拡張。具体的には、1週間に発生したマルウェアの新種の上位50種と検出件数の上位100種についてアップデートを用意。

同製品に組み込むもので、同機能によりクライアントPCに対してエージェントをインストールせずに、ネットワーク内のマルウェアを検出できるという。

価格は、157万5000円。別途初期費用やソフトウェアライセンスが必要。

マカフィー
http://www.mcafee.com/jp/

(Security NEXT - 2010/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社