Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、リスク管理製品へエージェントレスのマルウェア検出機能を追加

マカフィーは、リスク管理アプライアンス「McAfee Vulnerability Manager」のマルウェア検出機能を強化した。

同製品は、ワールドワイドで配置した端末より脅威データを収集するなどクラウド技術を活用したリスク管理アプライアンス。脆弱性の深刻度などからリスクを自動的に判断し、優先順位などを設定したり、プロセスやガイドラインなど構築できる。

今回の機能強化により、エージェントレスのマルウェア検出機能を拡張。具体的には、1週間に発生したマルウェアの新種の上位50種と検出件数の上位100種についてアップデートを用意。

同製品に組み込むもので、同機能によりクライアントPCに対してエージェントをインストールせずに、ネットワーク内のマルウェアを検出できるという。

価格は、157万5000円。別途初期費用やソフトウェアライセンスが必要。

マカフィー
http://www.mcafee.com/jp/

(Security NEXT - 2010/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス