Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約9万3900件含むHDD3台やFDD12枚が所在不明 - ゆうちょ銀

ゆうちょ銀行は、3支店において取引情報を記録した端末のジャーナルが、所在不明になっていることを明らかにした。約93900件の顧客情報が含まれる。

大阪支店の高槻店では、2004年1月から2006年12月までの取引内容を記録したハードディスク3台を紛失。通常の払い込みを行った約9万700人分の個人情報が含まれる。

一方長野支店では、新潟中店において2001年10月から2007年11月にかけて積立貯金を行った1400人分の顧客情報を記録したフロッピー11枚の所在がわからない状態となっている。

さらにさいたま支店の中原店では、2003年11月から2004年3月までの積立貯金に関する取引情報を記録したフロッピー1枚を紛失。顧客情報約1800件が記録されていた。

いずれも口座番号や取り引き金額などが含まれるが、同行では、3件ともに原因を誤廃棄と結論付け、データは暗号化されていたとして漏洩の可能性は低いと説明している。また不正利用についても確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市