Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4分の3の企業がサイバー攻撃を経験、不安は「ウェブの脅威」と「情報漏洩」 - シマンテック調査

また調査対象のすべての企業においてサイバー関連の損害が生じていた。目立ったのは、「顧客の個人情報盗難」「環境の停止時間」「知的財産の盗難」「カード情報の盗難」の4項目が34%同率トップ。「従業員の個人情報盗難」が31%と僅差で続いた。

被害としては36%の企業が指摘した「生産性の低下」を筆頭に「収益の低下(33%)」「顧客との関係悪化(32%)」がトップ3だった。さらに「ブランドへのダメージ(31%)」と「金銭や商品による具体的な費用」が31%で続いている。

サイバー攻撃へ対処するため年間に平均で200万ドルを出費しており、被害総額を見ると、「ブランド評価」が130万5147ドルともっとも大きい。「情報漏洩」が113万753ドル、「顧客との関係悪化」が83万3034ドルと続く。

ウェブに対する脅威を感じる企業も増えており、脅威の割合が高いとする企業は58%で55%の企業が今後急速に拡大すると考えていた。さらに心配されているのが情報漏洩で、77%の企業が不安を感じている。43%は実際に情報漏洩を経験したことがあった。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能