Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本店含む10店舗で顧客情報1万5000件の紛失が判明 - 新潟労金

新潟県労働金庫の本店営業部や支店において、顧客情報が記載された書類の紛失が判明した。

本店営業部のほか、新潟南支店、東新潟支店など9支店において顧客情報含む書類が所在不明となっているもの。一部支店において保管書類を紛失したことをを受け、全店調査を実施した結果、判明した。

紛失したのは、財形貯蓄関連の書類や変更届のほか、印鑑届、ローンや為替、納税関連の書類など、1991年度から2008年度にかけて作成した書類で、記載されていた情報は書類によって異なるが、氏名、住所、電話番号、口座番号などが含まれる。

変更届など件数を把握できない書類が含まれているが、推定で重複を含め1万5000人分の個人情報が記載されていた。同労金によれば、通常これら書類は施錠管理されており、外部へ流出した可能性は低く、紛失した情報の不正利用なども報告されていないという。

(Security NEXT - 2010/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市