Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「釣られたらあかん」 - 不正サイトの見分け方を学べるゲーム

フィッシング対策協議会は、フィッシング対策の教育用コンテンツ「フィッシング フィル」を公開した。

今回公開されたのは、URLからフィッシングサイトなどを見分けるコツを学ぶことができるAdobe Flashによるゲーム。米Anti-Phishing Working Group(APWG)が提供しているものを翻訳し、日本向けにアレンジをくわえた。

主人公である小さい魚「フィル」をモチーフにしたゲームで、ゲーム中では、実在する国内のオンラインサービスや、報告が寄せられたフィッシングサイトのURLが登場。不正なURLに釣られないよう拒否しながら、制限時間内に正しいサイトURLを見分けてポイントを獲得していくことで知識を身につけることができる。

(Security NEXT - 2010/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
教育関連書籍やグッズ扱う通販サイトに不正アクセス
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県