Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac版、Windows版に影響ある脆弱性を解消した「Safari 4.0.5」を公開

アップルは、同社ブラウザの最新版「Safari 4.0.5」を公開した。16件の脆弱性が解消されている。

URL処理の問題やリモートでコードが実行される「WebKit」に関する9件の脆弱性をはじめ、TIFFファイルの処理など「ImageIO」における4件の脆弱性に対応。

また細工が施されたカラープロファイル入り画像を表示した場合にコードが実行されるおそれがある「ColorSync」の脆弱性など16件の脆弱性を解消した。Mac版、Windows版いずれも影響があるという。

Safari 4.0.5 のセキュリティコンテンツについて
http://support.apple.com/kb/HT4070?viewlocale=ja_JP

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店