Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac版、Windows版に影響ある脆弱性を解消した「Safari 4.0.5」を公開

アップルは、同社ブラウザの最新版「Safari 4.0.5」を公開した。16件の脆弱性が解消されている。

URL処理の問題やリモートでコードが実行される「WebKit」に関する9件の脆弱性をはじめ、TIFFファイルの処理など「ImageIO」における4件の脆弱性に対応。

また細工が施されたカラープロファイル入り画像を表示した場合にコードが実行されるおそれがある「ColorSync」の脆弱性など16件の脆弱性を解消した。Mac版、Windows版いずれも影響があるという。

Safari 4.0.5 のセキュリティコンテンツについて
http://support.apple.com/kb/HT4070?viewlocale=ja_JP

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県