Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

連絡メール誤送信でアドレスを流出 - 相模原市立環境情報センター

相模原市立環境情報センターでメール誤送信が発生し、自然環境観察員制度の登録者49人のアドレスが流出した。

誤送信されたのは、「かんきょう学習セミナー」の開催通知メール。同センターが2月24日10時50分に送信した際、送信先アドレスの設定を誤ったため、自然環境観察員制度の登録者49人のメールアドレスが表示された状態で送られた。

同センターでは、誤送信されたメールの削除依頼メールを同日12時9分に送信するとともに、電話で個別に説明と謝罪を行うなどの対応を実施したとしている。

(Security NEXT - 2010/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
私用メアドを登録ミス、業務メールを約4カ月間誤送信 - 厚労省
案内メールの誤送信で新入生間にメアドが流出 - 神戸国際大
メール誤送信で講座参加者のメアド流出 - 京都市スポーツ協会
誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市