Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IE 8利用によるセキュリティ対策を呼びかけるキャンペーン

マイクロソフトら7社は、「IE 8」の利用促進を進める「セーフティ! オンラインプロジェクト」をスタートした。

同プロジェクトでは、最新のブラウザ「Internet Explorer 8」を利用することにより、セキュリティ対策が向上するなど、重要性を呼びかける啓発プロジェクト。オンラインサービスおける不安の払拭や利用促進のほか、オンラインサービス提供者側のセキュリティ対策による負担の軽減などを目指すとしている。

マイクロソフトのほか、ヤフー、楽天、ゲッティコミュニケーションズ、デジット、フェンリル、ラフデッサンの6社が参加しており、今後参加パートナーを募り、6月まで100社を目標に活動を進める。

マイクロソフトでは、参加企業の専用プロジェクトページを提供したり、カスタマイズした「Internet Explorer 8」を提供。また参加企業は、バナーの掲載やカスタマイズ版IEの提供を行う。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大