Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IE 8利用によるセキュリティ対策を呼びかけるキャンペーン

マイクロソフトら7社は、「IE 8」の利用促進を進める「セーフティ! オンラインプロジェクト」をスタートした。

同プロジェクトでは、最新のブラウザ「Internet Explorer 8」を利用することにより、セキュリティ対策が向上するなど、重要性を呼びかける啓発プロジェクト。オンラインサービスおける不安の払拭や利用促進のほか、オンラインサービス提供者側のセキュリティ対策による負担の軽減などを目指すとしている。

マイクロソフトのほか、ヤフー、楽天、ゲッティコミュニケーションズ、デジット、フェンリル、ラフデッサンの6社が参加しており、今後参加パートナーを募り、6月まで100社を目標に活動を進める。

マイクロソフトでは、参加企業の専用プロジェクトページを提供したり、カスタマイズした「Internet Explorer 8」を提供。また参加企業は、バナーの掲載やカスタマイズ版IEの提供を行う。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
サイトアクセスから不審端末絞り込むシステム - OKI
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究
ID-based Securityイニシアティブが発足
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
セキュリティ人材の育成に向けた産官学協定 - メルカリやLINEら