Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資産額など記載された国保滞納者リストが流出、第三者から写しが送付 - 大阪市

大阪市淀川区役所が保管していた国民健康保険料滞納者の個人情報リストが、外部に流出していたことがわかった。

流出したのは、国民健康保険料滞納者の資産について調査した際、金融機関から提供されたリスト。2008年11月に照会した際に受け取ったもので、調査対象者12人の氏名、住所、生年月日、預金の有無、金融機関名称などのほか、預金がある場合には口座番号や店舗名、残高などが含まれるという。

リストに記載された住民に対し、第三者から名簿の写しが送付されたもので、同市へ2月23日に届出があり、流出が発覚した。同市では原因を調べているが、流出経路はわかっていないという。同市では対応について警察に相談した上で、記載対象者への説明と謝罪、原因究明を進めている。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア