Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生のレポートや出席票を紛失した県立大講師を懲戒免職 - 埼玉県

埼玉県は、学生のレポートや出席票を紛失した埼玉県立大学の講師について、2月23日付けで懲戒処分を行った。

同県によれば、同講師は2008年度後期および2009年度前期に担当した講義6科目において、学生が提出したレポートや出席票などを紛失。さらに採点を誤り、学生のべ113人分の成績について修正したという。

重要書類の紛失以外にも、試験答案の採点を第三者に行わせたり、採点時に学生を立ち会わせる、承認を得ずに非常勤講師を兼業するなど不正行為があったとして、同県は同講師を懲戒免職処分とした。

(Security NEXT - 2010/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
住基システムの個人情報を漏洩、職員が逮捕 - 杉並区
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中