Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンキングのセキュリティ強化を希望するも利便性気にする「慎重派」が半数超

RSAの調査によれば、国内のユーザーは、オンラインバンキングにおける新たな認証の追加に前向きなユーザーが多いという。

同調査は、2009年10月に北南米やヨーロッパ、太平洋地域のインターネット利用者4539人を対象に米RSAが実施した意識調査をRSAセキュリティが取りまとめたもので、日本人は200人が回答している。

ネット上のサービスにおける個人情報の漏洩へ不安を感じるユーザーは、87%にのぼっており、オンラインバンキングで、あらたなセキュリティ認証の導入することについて評価する声は79%と高い。

しかし、実際に利用するとなると事情は異なり、「大歓迎」というほどではないようだ。IDとパスワード以外に強力な認証について、「喜んで受け入れる」との回答は40%にとどまり、「受け入れる」とするユーザーが51%となり、やや「慎重派」とも言えるユーザーが半数を超えた。

同社では、日本のユーザーがセキュリティの強化すると利便性が損なわれるとして懸念している点を理由と分析。一方で「受け入れられない」と否定的な声は7%と少なかった。

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討