Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取り違えて別人の車両を廃車処理、個人情報が漏洩 - 京橋市税事務所

大阪市京橋市税事務所は、事務処理のミスで車両所有者を取り違えて原付自転車の廃車し、関係者の個人情報が流出したと発表した。

事務処理ミスは、2月4日に京橋市税事務所で発生したもので、廃車申請者の車両所有者を確認する際、誤って1文字違いの別人が所有する車両を廃車処理し、納税通知書と廃車申告受付書を交付した。書類には、氏名や住所、車種、車両番号、税額など記載されていた。

本来の管轄である他市税事務所へ書類を転送したが、同月10日に転送先の市税事務所の指摘でミスが判明。同市では、誤って交付した住民を訪問して謝罪し、事情を説明した上で書類を回収した。

誤って廃車処理が行われ、個人情報が流出した人物については申告せず転居していたため、連絡が取れないという。

(Security NEXT - 2010/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
入札情報サービスで個人情報を誤掲載 - 新潟県
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀