Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去2年間の国家公務員試験合格者322人のメールアドレスが流出 - 人事院

人事院においてメールの誤送信が発生し、国家公務員採用I種試験の合格者322人のメールアドレスが流出していたことがわかった。

誤送信が発生したのは、2008年および2009年の国家公務員採用I種試験合格者322人に対し、同院人材局が送信した事務連絡のメール。

2月8日に担当者が送信した際、宛先にメールアドレスを入力するミスが発生したもので、関係ない受信者間でメールアドレスが確認できる状態となったほか、アドレス1件に入力ミスがあったため、合格者以外の第三者にも送信されたという。

誤送信の判明後、同局では関係者に謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。また合格者以外の誤送信先となった1人には電話で謝罪している。

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協