Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyで「AdSense」スクリプトの誤検知が再度発生

Kaspersky Labs Japanは、2月5日にWindows向け製品で、正規サイトのスクリプトを誤検知し、接続を遮断する不具合が一時発生していたことを明らかにした。

Windows向け製品において2月5日10時20分ごろより、Googleの広告サービス「AdSense」で利用するスクリプトが含まれるサイトを、「マルウェア配布サイト」として誤検知する状態が一時発生したもの。

定義ファイルへ誤った情報が登録されたのが不具合の原因で、同社では14時45分ごろに修正を実施しており、不具合は解消されている。

同社では、1月25日にもGoogleの「AdSense」向けスクリプトを、トロイの木馬として検知する不具合が発生していた。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2010/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会