Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Delphi5開発ソフトをスパイウェアとして誤検知する不具合 - アンラボ

アンラボが1月12日にリリースしたエンジンで、正常なファイルをスパイウェアとして誤検知し、一部のアプリケーションが起動しなくなる不具合が発生した。

不具合があるエンジンを利用すると、Delphi5を利用して開発された通信関連のプログラムを「Rogue.Viclear.2959872」として検知し、駆除するとアプリケーションが起動しなくなる不具合が生じた。

同社ではすでに修正を行ったプログラムを提供している。同社でアプリケーションに問題が発生していないか確認するよう呼びかけている。

同社では、スパイウェアの検知にあたり誤診回避テクノロジーを適用し、誤検知を防止するほか、バックアップファイルを復元機能や自動診断除外機能の追加、スパイウェアのホワイトリスト充実など再発防止策に取り組む。

アンラボ
http://www.ahnlab.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セブンイレブンのマルチコピー機で一時障害 - 行政サービスに影響
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
イベント当選者のメアド流出、一斉送信機能に不具合 - アニメイトカフェ
楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「スタディサプリ」に不具合 - 他利用者としてアクセス可能に
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社