Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1万3000件分の個人情報含むATMジャーナル75本を紛失 - 尾西信金

尾西信用金庫において、1万2958件の顧客情報を記録したATMジャーナルが所在不明となっていることがわかった。

冨田支店と尾西記念病院内のATMにおいて、2008年4月から2009年3月末までの取り引き情報を記録したATMジャーナル75本が所在不明となっているもの。1万2958件の顧客情報が記録されていたと見られており、氏名や口座番号、取引内容などが記載されていた。

同金庫では、保存期限前に誤って廃棄したと結論づけており、外部へ情報が漏洩した可能性は低いと説明している。また、紛失した情報に関する問い合わせなどは寄せられていないという。

(Security NEXT - 2009/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類約3200件が所在不明 - 大阪府内の郵便局
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
ATM取引情報の記録メディアを紛失 - 敦賀信金
文書センターで約55万件の顧客情報を紛失 - 金沢信金
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移