Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジアや南米のスパム発信が増加、2010年もスパムは活発な年 - シマンテック調査

Symantecは、11月の月例のスパムレポートを発表した。11月も前月からの傾向に引き続き、スパムメールの発信元がアジア太平洋地域や南米へ移行しているという。

同レポートは、同社が調査用に用意した200万件のアカウントを使用し、世界20カ国からスパムを収集、分析したもの。11月は、アジア太平洋地域がスパムの主要な発信地域となり、全体の26%を占めた。同地域は増加傾向が続いており5カ月で約9%上昇している。

また南米についても、5カ月で8%増加し、25%に達している。一方EMEAも25%と多いものの、6月に比べると9%の減少となり、アジアや南米地域における傾向の差があらわれた。北米地域は21%だった。

091218st.jpg
アジアや南米とヨーロッパで傾向が大きく異なっている

(Security NEXT - 2009/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇