Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

土地所有者の個人情報などを保存したUSBメモリを紛失 - 九州電力

九州電力は、土地所有者の個人情報が含まれる送電線建設の用地交渉に関する情報を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

福岡支店において、送電線建設工事に伴う用地交渉に関連したデータを含むUSBメモリの所在がわからなくなっているもので、送電線建設予定地の土地所有者87人や、法人や団体など10機関の関係者などの情報が保存されていた。

氏名、住所、電話番号、土地の所在地が含まれる土地売買契約書案のほか、土地の権利取得予定地一覧表、農地法に基づく届出書などが含まれるという。

12月3日に従業員が紛失したと見られており、翌4日に判明。支店内や住居、通勤経路などを捜索したが見つからず、8日に警察へ届け出た。同社では、関係者への説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2009/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明