Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省ら、特定電子メール法で出会い系サイト運営者を処分 - 通信事業者より情報提供受け

総務省と消費者庁は、特定電子メール法に違反したとして、出会い系サイト業者「エレクトリックオペレーション」の行政処分を実施した。

6月から11月まで出会い系サイト「ショコラ」をはじめ、複数のサイトに関する宣伝するメールを受信者の許可を得ず送信していたことから、両省は特定電子メールを遵守するよう措置命令を行った。同意を得たことについても記録を保存しておらず、送信者の名称など正しく表示せず送信していたケースもあった。

今回同法の定めにより、総務大臣が電気通信事業者に対して送信者に関する情報の提供を求め、処分を行ったという。情報提供を受けたのは今回がはじめて。

(Security NEXT - 2009/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見