Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月額1万円未満から導入できるサイト改ざん監視サービス - 「gred」新メニュー

セキュアブレインは、SaaS型セキュリティソリューション「gred セキュリティサー ビス」に、価格を抑えた新メニュー「ウェブ改ざんチェック」を追加した。

同サービスは、サイトを定期的に監視する「ウェブ解析機能」と、ネットワーク内で見つかった不審ファイルを調査する「ファイル解析機能」を提供するSaaS型サービス。

今回追加した新サービスは、ウェブの改ざんチェックに特化したもので、サイトのコンテンツを定期的に巡回。改ざん検知時にはメールで警告したり、改ざんページからメインテナンスページへ表示を自動的に切り替えることができる。

また同サービス向けの新機能として、サイトに含まれるクロスドメインスクリプトを一括管理する「クロスドメインスクリプトの管理・警告機能」を搭載。意図しないクロスドメインスクリプトがサイトに埋め込まれた際にアラートメールを発信する。

091202sb.jpg
ウイルスなどによるスクリプトの挿入を検知することが可能

解析結果は定期レポートにより確認可能。価格は、1日のチェック数4回、300ページまでで月額9450円から。

(Security NEXT - 2009/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化