Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash」など著名ソフトが最新状態か簡単に判定できるソフト - IPAが無償公開

情報処理推進機構(IPA)は、PCにインストールされているソフトウェアが最新の状態であるか確認できる「MyJVNバージョンチェッカ」を公開した。

同ソフトは、「Windows XP」や「Windows Vista」において、手間がかかるソフトウェアのバージョンチェックを簡単に行えるソフトウェア。クリック操作により複数製品のチェックが行え、「○ 最新のバージョンです」または「× 最新のバージョンではありません」というシンプルな判定結果が表示される。

091130ip.jpg
「MyJVNバージョンチェッカ」のインタフェイス

対応ソフトは、細工PDFにより攻撃が行われることがある「Adobe Reader」をはじめ、マルチメディアソフトの「Adobe Flash Player(ActiveX, Plug-in)」や「QuickTime」、のほか、「Firefox」「Thunderbird」「JRE」「Lhaplus」など7種類のソフトウェア。同機構では、今後も対応ソフトの拡充など進めていく予定。

同機構が実施した意識調査では、バージョンのチェックについて「手間がかかる」「更新方法が分からない」といった回答があわせて7割近くに及んでおり、一般ユーザーにおける対応の遅れが明らかになっている。

MyJVNバージョンチェッカ
http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開