Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TLSプロトコルにおいて中間者攻撃が発生する脆弱性の実証レポート - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、暗号化通信などに用いられるTLSプロトコルで見つかったリネゴシエーション処理における脆弱性について検証レポートを公表した。

問題の脆弱性は、TLSプロトコルのリネゴシエーション処理において、中間者攻撃が可能となるもの。攻撃者は、自身が用意したプロクシをユーザーに経由させることでパスワードを取得できる。同社はTwitterに対する書き込みについて実際にログイン情報を奪取できることを確認した。

対策としては、リネゴシエーションを無効化する必要があり、ベンダーなど確認して対応を行うよう呼びかけている。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン