Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google基金からの賞金授与を装った詐欺メールが大量配信 - G DATAが注意喚起

G Data Softwareは、Google基金からの賞金授与を装って個人情報や金銭を騙し取ろうとする詐欺メールが大量に配信されているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、問題のメールは「Google基金2009」が賞金100万ユーロ(約1億3000万円)を授与するという内容のもので、賞金を受け取るためには個人情報を送信する必要があるほか、賞金を振り込むための手数料として先に数万円送金するよう指示されるという。

同メールはドイツで確認されたもので、文面もドイツ語で記載されているが、文法的に誤りが多く、英語の文章をドイツ語に機械翻訳したと見られている。また、ユーザーの信用を得るために、メールの文末にマイクロソフトやメルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、コカコーラなど有名企業の名前が列挙されているという。

同社では、メールを受け取った場合には返信せず、速やかに削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を