Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブとメールのセキュリティアプライアンス最新版を発表 - クリアスウィフト

クリアスウィフトは、ウェブセキュリティ製品の最新版「Clearswift Web Appliance 2.0」、およびメールセキュリティ製品の最新版「Clearswift Email Appliance 3.0」を、12月より発売開始する。

両製品は、ウェブやメールを利用する際のセキュリティ対策機能を提供する法人向けアプライアンス製品。いずれも多段階にわたってコンテンツを分析するフィルタリングエンジンを採用し、ウェブやメール経由でやり取りされる情報の内容などをチェックし、ポリシーに沿った情報漏洩対策やマルウェア対策が行える。

「Clearswift Web Appliance 2.0」では、閲覧サイトの分類カテゴリーを76に拡張しており、より詳細なフィルタリングを実施できる。また、ウェブ経由で送信された情報がブロックされた場合、問題となったキーワードを表示する機能のほか、キャッシュ機能やFTPサーバへの自動バックアップ機能などを追加した。価格は、50ユーザー利用時で97万3140円から。

「Clearswift Email Appliance 3.0」では、拡張子を偽装するマルウェアやファイル形式を変えた故意の持ち出しなどへ対応できるよう、検知可能なファイルタイプを167種類に増やした。なりすまし対策機能やクラウドベースのアンチスパムシグネチャ提供など、スパム対策機能を強化している。価格は、50ユーザー利用時で72万1140円から。

(Security NEXT - 2009/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ