Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSキャッシュポイズニング対策を搭載した「BIG-IPバージョン10.1」を発表 - F5ネットワークス

F5ネットワークスは、同社ネットワークソリューションの最新版「BIG-IPバージョン10.1」を発表した。12月より提供を開始する予定。

最新版では、DNSSEC2009コンプライアンスに準拠したDNSレスポンスの受信を実現するなどDNSキャッシュポイズニング対策を実現した。「SIP」「Diameter」「RADIUS」「LDAP」などのプロトコルのメッセージベースロードバランシングやフェイルオーバーの時間の短縮など、プロバイダやシステムインテグレータ向けに可用性を強化している。

さらにウェブアプリケーションファイアウォール「BIG-IP Application Security Manager」では、PCIコンプライアンスレポート機能を搭載し、「PCI DSS 1.2」に対する準拠状況を検証でき、準拠できていない場合は対策を表示するなどコンプライアンス管理が行える。またウェブサイトに対する脆弱性のスキャンやボットに対する攻撃からの防御機能や、攻撃状況をレポートする機能を搭載した。

(Security NEXT - 2009/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム