Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSキャッシュポイズニング対策を搭載した「BIG-IPバージョン10.1」を発表 - F5ネットワークス

F5ネットワークスは、同社ネットワークソリューションの最新版「BIG-IPバージョン10.1」を発表した。12月より提供を開始する予定。

最新版では、DNSSEC2009コンプライアンスに準拠したDNSレスポンスの受信を実現するなどDNSキャッシュポイズニング対策を実現した。「SIP」「Diameter」「RADIUS」「LDAP」などのプロトコルのメッセージベースロードバランシングやフェイルオーバーの時間の短縮など、プロバイダやシステムインテグレータ向けに可用性を強化している。

さらにウェブアプリケーションファイアウォール「BIG-IP Application Security Manager」では、PCIコンプライアンスレポート機能を搭載し、「PCI DSS 1.2」に対する準拠状況を検証でき、準拠できていない場合は対策を表示するなどコンプライアンス管理が行える。またウェブサイトに対する脆弱性のスキャンやボットに対する攻撃からの防御機能や、攻撃状況をレポートする機能を搭載した。

(Security NEXT - 2009/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト