Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コマンドラインから利用できる暗号化ソフトの最新版 - 総合システムサービス

総合システムサービスは、暗号化および復号化を行うソフトウェア「SecretX秘匿」「同復号」の最新版を発売した。

同製品は、同社独自の暗号アルゴリズム「X-puzzler」を採用し、256bitの共通鍵で暗号化や復号化が行えるソフトウェア。圧縮機能や復号化モジュールを添付した暗号化ファイルを作成することが可能。コマンドラインからデータを暗号化することができる。

最新版となる「V3.0.0.0」では、旧バージョンとの互換性を保ちつつ、従来のキーファイルにくわえ、パスワードによる暗号化が可能となったほか、最新OSである、「Windows 7」へ対応した。

「SecretX秘匿」の価格は、2400円/1ライセンス。「同復号」は無料で利用できる。

(Security NEXT - 2009/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化