Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関へ送付する通知文書の誤送付を公表 - 群馬労働局

群馬労働局は、9月29日に労働基準部労災補償課において医療機関へ送付する通知文書を誤って関係ない医療機関へ送付したことを公表した。

誤送付したのは、「労災診療費内訳書の通知」と「診療費請求内訳書」の写し。関連する労働者が受診した医療機関へ送付するところを誤って関係ない病院へ送付したという。書類には氏名や生年月日など1件の個人情報が記載されていた。

10月1日に書類を受け取った医療機関から指摘を受け問題が判明。文書を回収し、関係者に対して謝罪した。同局では、文書の郵送時は複数体制を徹底するなど対策を強化するという。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
コロナ関連通知書の裏面に別人情報、誤って両面印刷 - 船橋市
特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区
印刷通販サイトで顧客の個人情報が流出