Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関へ送付する通知文書の誤送付を公表 - 群馬労働局

群馬労働局は、9月29日に労働基準部労災補償課において医療機関へ送付する通知文書を誤って関係ない医療機関へ送付したことを公表した。

誤送付したのは、「労災診療費内訳書の通知」と「診療費請求内訳書」の写し。関連する労働者が受診した医療機関へ送付するところを誤って関係ない病院へ送付したという。書類には氏名や生年月日など1件の個人情報が記載されていた。

10月1日に書類を受け取った医療機関から指摘を受け問題が判明。文書を回収し、関係者に対して謝罪した。同局では、文書の郵送時は複数体制を徹底するなど対策を強化するという。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大