Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関へ送付する通知文書の誤送付を公表 - 群馬労働局

群馬労働局は、9月29日に労働基準部労災補償課において医療機関へ送付する通知文書を誤って関係ない医療機関へ送付したことを公表した。

誤送付したのは、「労災診療費内訳書の通知」と「診療費請求内訳書」の写し。関連する労働者が受診した医療機関へ送付するところを誤って関係ない病院へ送付したという。書類には氏名や生年月日など1件の個人情報が記載されていた。

10月1日に書類を受け取った医療機関から指摘を受け問題が判明。文書を回収し、関係者に対して謝罪した。同局では、文書の郵送時は複数体制を徹底するなど対策を強化するという。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
公共料金払込票を紛失、回収袋から落下か - デイリーヤマザキ
教委認定講習の論文が所在不明に、郵送過程で - 大阪府
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
肺がん検診受診者の検診票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市
マイナンバーカード交付通知書を誤送付 - 志摩市
個人情報含む書類が庁内便で所在不明に - 台東区
自治体へ送付する過程で障害者手帳などが所在不明に - 東京都