Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのサポートを装ってマルウェアを送りつける攻撃が発生

JPCERTコーディネーションセンターは、マイクロソフトのサポートを装ってマルウェアをメールで送りつける攻撃が発生しているとして、不審メールへ気をつけるよう注意を喚起している。

同センターによれば、同社サポートと見せかけ、「Conflicker.B Infection Alert」というタイトルなどでセキュリティ対策を促す内容で送信されているという。メールへ実際に添付されているファイルはマルウェアで、誤ってファイルを実行すると偽セキュリティ対策ソフトなどへ感染する可能性がある。

現在見つかっているメールは英文によるものだが、同センターでは、今後類似した攻撃が拡大するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
「SECCON CTF」、3年ぶりにリアル開催
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ