Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ子会社、カード情報など保存したUSBメモリを紛失 - 店内で盗難か

ヤマハ子会社のヤマハミュージック中四国において、顧客情報を保存したUSBメモリが所在不明となっていることがわかった。

USBメモリは同社岡山店の業務用パソコンで従業員が利用していたが、10月10日夕方に紛失していることに気がついたという。USBメモリ内部には氏名や住所など2519件の個人情報が記録されていた。また179件についてはクレジットカードの番号や有効期限も含まれる。

同社では盗難の可能性が高いとして14日に警察へ被害届を提出。不正使用などは確認されていないという。同社では関連する顧客を特定しており、事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
小学校で通知表データ含むUSBメモリを紛失 - 見附市
犬飼育者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 朝日町
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島大付属福山中高
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
取引先従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - プライムツリー赤池
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大高等部
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市